浅草から東武線で、会津若松から会津線で 会津鬼怒川線「ほっとスパ・ライン」の旅
トップページ > 沿線ガイド > 湯西川温泉・川俣・奥鬼怒

沿線ガイド

湯西川温泉・川俣・奥鬼怒

湯西川温泉・川俣・奥鬼怒イメージ

平家落人の里、湯西川温泉へは、湯西川温泉駅から。
山間の秘湯、川俣温泉・奥鬼怒温泉郷へは、川治温泉駅から。
のんびりとバスに揺られて、自然に包まれた温泉へ・・

湯西川温泉・川俣・奥鬼怒のアクセス・関連サイト

【アクセス】

  • 湯西川温泉駅から湯西川温泉行き路線バス(日光交通)約30分。
  • 瀬戸合峡、川俣、女夫渕温泉へは東武鬼怒川温泉駅から川俣・女夫渕温泉行き路線バスで約80~90分。

【関連サイト】

情報センター一覧はこちら

公開情報はありません。

温泉情報

湯西川温泉

ここは昔、壇ノ浦で敗れた平家の落人が落ち延びた郷で、その子孫が温泉を発見したと伝えられています。所在を隠すため、鯉のぼりを揚げない、鶏を飼わない等の風習が残り、山間の温泉街にも静けさと落人の郷らしい風情が感じられます。


湯西川石上集落

奥鬼怒温泉


        加仁湯

一般車両が入らないだけあって大自然の魅力が満ちています。八丁の湯・加仁湯・手白沢・日光沢の四湯があり、鬼怒沼湿原への基地としても人気があります。 (女夫渕温泉バス停から徒歩約70~100分)


              八丁の湯

川俣温泉


     間欠泉

山間の渓谷にある川俣温泉は、標高約1,000mの温泉郷。川原の岩の間から湯柱が噴きあがる間欠泉があります。

ハイキングウォーキング情報

平家大祭


        平家大祭

平家落人の復興を願い、毎年6月5日~7日の3日間開催される華やかな祭典です。静かな山里全体が800年前に戻ったような不思議なひとときが体験できます。

瀬戸合峡・川俣湖


        瀬戸合峡

切り立った岩壁が続く瀬戸合峡は、新緑から紅葉まで美しく映える峡谷です。平成16年の春に「渡らっしゃい吊橋」が完成し、吊橋から瀬戸合峡の絶景を楽しむことができます(冬季閉鎖)。
瀬戸合峡から続く川俣湖畔には温泉民宿村や遊歩道もあり、渓谷と湖の景色を歩きながら眺めることができます。


               川俣湖

Copyright © YAGANTETSUDO RAILWAY CO.LTD., All Rights Reserved.